資本信条環境の問題と環境のチェンジについて稽古しました。資本信条環境が発展すると、その問題もめだつようになってきました。資本信条環境の問題は第最初に、環境を放任すると商圏が占有始める傾向があるということです。実際、19世紀末日から20世紀初期には重化学工業が発達し、リバティー戦争が阻害される一人占め資本信条のトレンドが強まったそうです。このため、価格競争がおこなわれにくくなり、金額仕掛(商圏仕掛)が十分には機能しなくなったそうです。1929ご時世の恐慌は世界的な拡がりをみせ、資本信条環境はリスキーにしくじりました(マーケット恐慌)。この世界恐慌先々、リバティー戦争への信頼がゆらぎ、政府の商圏への橋渡しが求められるようになったそうです。このため、リバティー放任の資本信条環境の下で発生した貧富の開きの拡大、環境チェンジ、恐慌、山盛り無職などに対処するため財政建前・ファイナンス建前など、政府や中程銀行による環境への橋渡しがおこなわれるようになりました。資本信条について理解していない点もあるので資本信条についてますます勉強したいと思います。

今日は盛り上がる埃の集金お日様だ。埃スポットまで持ち歩くのですが1実家4クライアントとなるとそこそこのかさになり陰気臭いなという気がします。しかし生ゴミを丸々放置する事も出来ずなんだか回収して行って貰う事になります。埃カバンの最後には水で濡らしたたばこの吸殻を脱ぎ捨てるのですが時折忘れ去るのがテレホン灰皿の中に生じるたばこの吸殻だ。これをぐっすり忘れ去るので注意しておかないといけません。勿論たばこの火は消えていますが、それをコンビニエンスストアのビニールカバンに入れて水を少々かけてから縛ってほかす事になります。

いつかメンテナンスのサイドジョブをしていてゴミをまとめてほかしていたのですが、目いっぱいゴミを入れて結わえるのがハードでした。又ゴミ箱の下に新聞紙を引いておくと良いです。新聞紙が水気を吸ってくれますから。埃を前日に用意しておいて午前のあわただしい時期に出すので少しだけ手間がかかります。

法人にいくついでにほかせばよいのですが埃カバンが二つになって降雨が降っていますと、傘を指し示すので2回に分けて差し出す事になるので集金お日様には降雨は降って欲しくないだ。必ず埃は定められた規律に沿ってほかすしかないですね。